代表挨拶

平素より格別のご愛顧を頂き、厚く御礼申し上げます。

弊社は、昭和52年の創業以来一貫して「技術力」の向上に努力して参りました。時代とともに公共事業のありかたも変化してきましたが、より確かな「技術力」が必要とされていることに変わりはありません。

しかしながら、法的な基準や仕様を満たしているだけでお客様の満足を得られるという時代は過ぎた、とも考えております。かつてのような成功事例を参考にした都市計画は、それぞれの地域の特性が相違する中にあっては、役に立たない場面も多くなっています。

社会全体の価値観が多様化する現在、財政難や少子化、中心市街地の衰退など、地方都市はさまざまな問題を抱えております。それでも、地方の会社を永続させていくためには、社会資本の整備、社会地域の声をダイレクトに反映させていくことが重要です。

そのための手法として、弊社では「住民参加」を積極的に取り入れ、今まで培ってきた「技術力」をもとに、景観・都市計画におけるさまざまなご提案や環境調査の実施など、真摯に、そして楽しく取り組んでいきたいと考えております。

何卒、この先も格別なるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ワイド
代表取締役 斎藤庸道